CSRCSRへの取り組み

ダイコーホールディングスグループは企業理念の下、社会の幸せにつながる新しい価値の創造に挑戦し続けます。 当グループの全役員および社員は、CSR活動を通じて社会課題の解決を図り、「顧客」「取引先」「株主」「従業員」「地域社会」「行政機関」等のステークホルダーと信頼関係を築くことで長期的・継続的に企業価値を最大化していけるよう、透明性の高い健全な体制の構築および企業倫理の向上に努めています。

グループ基本方針

私たち、ダイコーホールディングスグループは社会的責任(CSR = Corporate Social Responsibility)の遂行を経営の重要課題と考え、健全な経営の実践と社会的責任を果たす為に、事業活動を通じてグループの価値創造と社会のサステイナブルな発展を目指します。

1. Social

私たちは、現在と未来を見据えながら、情熱を持つ人、チャンスを求める人の夢の実現に向け、当グループが持っている資産やリソースを最大限活用したサポートをいたします。

次世代育成

若い経営者の育成、経営者へのサポート体制の充実に積極的に取り組むとともに、全社員が能動的に仕事に取り組める環境を整えるべく、各種能力開発に向けた講習・セミナー等の実施を推進しております。

貧困や紛争で苦しむ、世界中の子どもに関するプロジェクトを積極的に支援しています。

World Vision

認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパンが運営する、チャイルド・スポンサーシップに参加し、 アジアやアフリカの子どもたちへの支援活動を行っています。

World Vision 子どもたちの手紙

視覚障がい者の自立と社会参加を応援します。

公益財団法人日本盲導犬協会

盲導犬の育成と視覚障がい者の社会参加を促進するリハビリテーション事業を通して、視覚障がい者福祉の増進に寄与します。

公益財団法人日本盲導犬協会

2. Governance

事業活動における公正・公平かつ倫理的な行動や法令の順守は、企業が確実に果たすべき社会的責任であると考え、公正な事業慣行を通じてすべてのステークホルダーから信頼される企業を目指しています。

内部通報制度(コンプライアンス・ホットライン)の設置

不正行為を早期に発見・是正し、ひいては不正行為を起こさない社内風土を確立するため、コンプライアンス体制の一環として、2019年に内部通報制度(コンプライアンス・ホットライン)を設置しました。

3. Environment

美しい地球を未来へと継承していく為に、地球の環境保全に取り組みます。

当社グループの強みであるICT技術を生かした、ペーパーレス化を推進しています。

  • ビジネス支援

  • 問題を解決するお手伝いをいたします。
    熱意ある経営者の方々を積極的に支援するプランです。

    ビジネス支援について